教えてください ! からだの気になることあれこれ「気になるこどもの歯 〜生え変わりの時期〜」

特集

乳歯の生え変わりの時期の注意点などについて、将軍野歯科診療所の先生にお聞きしました。

ママ質問 お友だちのほとんどは乳歯が生え変わり始めましたが、うちの子は全くグラグラもしていません。大丈夫でしょうか?

生え変わりの時期が遅いのは、ある意味ラッキーとも言えます。大人の歯は子どもの歯より明らかに大きく、顎が小さい時期にあまりにもハイペースで生え変わりが進んでしまうと歯並びが悪くなる原因にもなってしまいます。生え変わりの時期は6歳~12歳頃と言われますが早くなることも遅くなることもあります。レントゲンで大人の歯がきちんと控えていることがわかっているなら、焦らず大切な乳歯をしっかり守りながら待っていてください。

ママ質問 乳歯がグラグラしていたら、抜いてしまったほうがよいのでしょうか?

結論から言うと、痛みやはぐきの腫れなどのトラブルがない限りは乳歯はできるだけ最後まで使うほうがよいです。自然な生え変わりを待たずに抜いてしまった場合、大人の歯が生えてくるまで時間がかかります。その間に、抜けた歯の隙間から舌を出したり、変な滑舌のクセがついてしまったりします。乳歯のグラグラは大人の歯への生え変わり期以外に、強くぶつけてしまった時や虫歯で歯が弱っている時などにもおこります。心配なときは、なるべく早めに歯科医院で診てもらってください。

ママ質問 大人の歯が傾いて生えてきています。大丈夫でしょうか?

子どもの顔を正面から見た時、上の歯が「ハ」の字に傾いている場合は自然に治る可能性が高く、あまり心配されなくても大丈夫かと思います。傾いた歯の両隣が生え変わる時に押されて自然にまっすぐになることが多いです。ただ、捻転(子どもの歯を下または上からのぞいた時にねじれている)の場合は注意が必要です。45度以上傾いている場合は、歯科医院に相談して見守っていくことが大切です。

健康で健やかな歯の成長をママと一緒に見守るのが歯医者さんの役割です♡

今回お話できなかったことはこちらから閲覧できますので、のぞいてみてね!
↓↓↓↓↓

※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る