「こどもとおとなのなかじまクリニック」開院

☻ライフスタイル

2022年12月、秋田市の自衛隊通りショッピングモール内に「こどもとおとなのなかじまクリニック」が開院。
赤ちゃんから高齢の方まで気軽に相談ができるクリニックです。

中島発史院長はスーパーマーケット勤務から一念発起して医学の道を志し、秋田大学医学部へ入学。
もともと子どもが好きだったことから、小児科専門医、新生児専門医となりました。
これまでに県内・県外の病院、救急外来、ドクターヘリでの医療活動などさまざまな経験を積み、開院へ。
豊富な経験をもとに診療を行います。

〈診療〉
・小児科
・新生児内科
・内科
・アレルギー科

来院する方にリラックスしてほしいという思いから、院内は「癒しの空間」がコンセプト。
自然素材の温もりが感じられる空間です。

中島院長と、奥さんでもあるクリニックの事務長は2児のパパ・ママでもあります。
「病院って怖い」「待つのが大変」「ママも体調が悪いけど後回しにしがち」といったネガティブなことを少しでも軽減したい、との思いからさまざまな工夫をしました。

・子どもと親が一緒に診療可能
・WEB予約システム(初診から可能)
・スマートフォンが診察券がわりになるスマート診察券
・現金手渡しがなく衛生的なスマート精算機の導入
・駐車のストレスがなく、スーパー、ドラッグストアもある利便性抜群のショッピングモール内という好立地

まさに親の願いがかなったクリニックです。
小児科はおおむね15歳までが一般的ですが、子どもが成長して高校生・社会人となっても相談ができるかかりつけ医がいると安心ですよね。

※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る