プログラミング的思考は子どもの将来に欠かせない力!

ママファミおすすめ☆ Web版 教室navi

プログラミングを通して、発想力と論理的思考力をはぐくむ! AtoZ Lab vol.4

第4回は、「プログラミングクラス」についてお聞きしました。
記事の最後に、お得な「夏の短期教室」の情報もありますよ!

Q1. プログラミングって、要するにゲームなんですか?

特にお子さんに多い勘違いですが、プログラミングはゲームで遊ぶクラスではありません。 あくまで、「学習」する場です。とは言え、やっぱり楽しいので、特に初心者のお子さんにとってはゲームをしているのとあまり差がないかもしれませんね。
初級・中級クラスには子どもに大人気の「マインクラフト」と、「スクラッチ」の2つのコースがあります。対象は小学生からです。

【プログラミング】マインクラフト
【プログラミング】スクラッチ

学習が進んでいくと、それまでに学んだ命令文を駆使してオリジナルのゲーム作り、例えば英単語を学習するソフトを作ったり、マインクラフトの世界でロボットに建物を建てさせたりできるようになりますよ。

 

Q2. 自宅にパソコンがない環境ですが、大丈夫ですか?

大丈夫です。教室のパソコンやタブレットを使って受講していただくことができます。また、パソコンがないため自宅で練習ができず不安だ、という方も、ご安心ください。初心者のお子さんには、マウスやキーボード操作に慣れるゲームを通して、必要なスキルを身につけていただくことができます。ゲームをクリアしたい一心で、マウスの使い方からタイピングの仕方まで、無理なく慣れていくことができますよ。

Q3. プログラミングを学ぶ利点は?

プログラミングを学ぶ利点は、コンピュータに命令を実行させる経験を積み重ね、先生のモデルや教材を真似たり、たくさんの失敗や試行錯誤を繰り返したりすることで、将来どんな職業に就くとしても必須の「プログラミング的思考」を養うことができる点です

将来プログラマーにでもならない限り、プログラミングは必要ないのでは? と思われる親御さんはまだまだ多いかもしれません。しかし、今年度から小学校で「英語」と同様、「プログラミング」も必修になったのをご存じでしょうか。つまり、英語や国語、算数と同様、これからの時代を生き抜く子どもたちにとって、プログラミングは欠かせないスキルになっているのです。
とはいえ、学校教育に取り入れられる「プログラミング」とは、あくまで「プログラミング的な思考」を育むための手段なのです。プログラミング的思考とは、ゴールを決め、それに向かう何通りもの道筋の中から自分にとって最適なものを選択し、順序だてて実行していく力のことです。

身近な例を挙げますね。「夏休みの宿題を2週間で終わらせる」という「ゴール」があったとしましょう。これを実行するためには、「初日で全部終わらせる」といった方法から、「毎日3ページずつやる」といった方法まで、何通りもの道筋があるわけです。その中から、「土日は遊びに行きたいから、平日は3~4ページやって、土日は1ページだけやる」という自分にとって最適な道筋を選択し、しっかり実行する。これが「プログラミング的思考」なのです。
せっかく目標を立てても三日坊主で終わってしまう子は、「三日坊主の状態が続けばいずれ宿題がたまって終わらなくなる」という予測ができていないのかもしれませんね。また一見、親や先生のいうことをよく聞く「いい子」でも、実際は何も考えずに言われたことをこなしているだけかもしれません。まるで命令されたプログラムを淡々と実行する、コンピュータのようです。

Q4. AtoZ Labで教えるプログラミングはどんなことをしていますか?

「マインクラフトコース」では、マインクラフトのゲームの世界で、ロボットに命令して、さまざまな建物を建てさせたり、敵を倒させたりすることができます。自力で作ったら何時間もかかるような高い壁や大きな建物も、うまくプログラミングすれば簡単に作ることができます!
その過程で、「今日は~を作るためのプログラムを書いてみよう」とまず「ゴール」を設定し、どんな方法があるかお友達と話し合ったり、「早押しクイズ」でひらめきを競ったりします。その後、「正解のプログラム」をまずはそっくり真似てみることで、仕組みを少しずつ学んでいきます。
真似るだけでは簡単なのでは…? と思われる親御さんも多いかもしれませんが、子どもにとっては長いプログラムを完全にまねて作ること自体、簡単なことではないのです。似たような命令文も存在しますし、自分の思い込みでミスすることも多いのが実態です。同じように書いたはずのプログラムを実行してみて、失敗した際、どこをミスしたか振り返ったり、忍耐強くミスを探したり、あるいはミスを防ぐために少しずつ実行して完成形に近づいていく、という方法もとったりします。

「スクラッチコース」では、ゲーム作りに挑戦! スクラッチは世界中の子どもたちに使われており、インターネット上に作品が公開されていますので、たくさんの刺激を受けることができますよ! カラフルで不思議なキャラクター達を自在に動かして素敵なゲームを作ることができます!
またスクラッチコースでは、「ジュニアプログラミング検定」という資格にも挑戦できます! 昨年はSilver(2級)の合格者がでました! 資格を取得することで自信にもつながりますよ!

また、上級クラスには「Unity(ユニティ)」のコースもあります。対象は中学生から。かなり本格的な内容で、コーディングにも挑戦します! コーディングとは、キーボードを使ってプログラミング言語を入力し、コンピュータに命令や指示を与えることを言います。みんなが遊んでいるゲームの中には、この「Unity」を使って作られたものもたくさんありますよ。

 

**ママファミスタッフの感想**

仕事でも家事でも勉強でも、ゴールに向けて計画的に処理するのは大事ですよね。夏休みの宿題の例で、我が子も「プログラミング的思考」が必要なことが分かりました! ことゲームに関しては思考力も忍耐力も子どもにとって苦ではなく、楽しく学べるのでしょうね♪

 

★夏の短期教室開催★
〇プログラミング3日間コース
【日程】7/27(月)7/28(火)7/29(水)
【時間】マインクラフト
①14:15〜15:15③17:40〜18:40
スクラッチ
②15:15〜16:15
【対象】①②小1〜、③小3〜
【料金】7,300円(1時間レッスン×3日間)
【定員】6名程度〇プログラミング1日コース
【日程】8/1(土)8/8(土)
【時間】マインクラフト8/1(土)
④14:00〜17:00
スクラッチ8/8(土)
⑤14:00〜17:00
【対象】④小3〜、⑤中学生〜
【料金】7,300円(3時間レッスン×1日)
【定員】6名程度

この他にも、「英会話・英検クラス」・「英語保育コース」・「国語コース」の短期教室もあります。
【お申込みフォーム】

AtoZ Lab 夏の短期教室2020お申込みフォーム
・夏の短期教室の詳細はホームページからご覧いただけます。 ・2クラス受講で2000円割引とさせていただきます。 ・会員価格は、AtoZ Labの会員のみ対象となります。 ・以下、時間変更がございます。 マインクラフト(マ3、7/27-30) 14:00-15:00→14:15-15:15に変更 国語(国1、 

夏の短期教室の詳細はホームページからもご覧いただけます!
https://www.atozlab.jp

お問い合わせはホームページ、お電話、LINEからもOKです!
LINEのお友だち登録は下記URLから、期間限定のお得な情報を配信しています!
https://lin.ee/EBCgs1

無料体験レッスンも随時受付中です。

 

 

vol.1の記事はこちら

どんどん英語が好きになる☆
 

vol.2の記事はこちら

算数や理科を英語で学ぶ!? 幼児の力は無限大!
 

vol.3の記事はこちら

「本を読まずにスマホで動画ばかり」今こそ見直そう! 子どもの国語力
 
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る