【魅力を深掘り】ゆりてつでGO!! 鳥海山木のおもちゃ美術館

☻子育てTime

12月下旬、読者モニターの2家族にご参加いただき、“ゆりてつ”を利用して「鳥海山木のおもちゃ美術館」へ行ってきました。
「鳥海山木のおもちゃ美術館」とは、旧鮎川小学校を改装し、3年ほど前に生まれ変わった、世代を超えて楽しめる体験型木育交流施設です。木のぬくもりあふれる校舎で思いっきり遊んできましたよ!

 

モニター家族/
ゆいさん(年長)ファミリー
しゅんたさん(年中)ファミリー

〈家族連れにオススメのポイント〉

★天候を気にすることなく遊ぶことができます。
★赤ちゃんから小学生まで遊べるさまざまなおもちゃが約400種揃っています。土日は工作イベントなどもあり。
★無料休憩所やカフェがあるので、昼食なども館内でOK!!
★子どもと初めての電車旅にもピッタリ。
★トイレはキレイに改装済み。授乳室などもあります。

〈今回のルート〉
秋田市→羽後本荘駅→鮎川駅→鳥海山木のおもちゃ美術館

羽後本荘駅

無料の専用駐車場が3台分あります。
駅構内の窓口で「駐車証」を借り、車内に置いておきます。
由利高原鉄道の1日フリー乗車券と鳥海山木のおもちゃ美術館の入館券がセットになった「おもちゃ切符」の購入がオススメ!
羽後本荘駅から乗車し、鮎川駅へ向かいます(3駅)。

 

由利高原鉄道

鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」は車内からワクワクがいっぱい!
季節によって車両が異なる場合があり、取材時は「クリスマス列車」で向かいました。
〈詳しくは由利高原鉄道株式会社HPへ〉
由利高原鉄道
鳥海山ろく線おばこ号の旅

 

 

鮎川駅待合室
シャトルバスの発着待ち時間も木のおもちゃで遊べるんですよ♪

鳥海山木のおもちゃ美術館 到着

 

もりのあそびば/あそびのへや
地元産の良質な木のおもちゃや大型遊具、五感を刺激し、コミュニケーションを楽しんで遊べるおもちゃが揃っています。
ボランティアスタッフの「おもちゃアテンダント」が遊び方を教えてくれますよ。

*どんぐりころころバーン
巨大なクーゲルバーン。上からボールを転がすと童謡「どんぐりころころ」の音階になります。

*ちょうかいタワー
滑り台の下は約5,000個の「木のどんぐりプール」。
モニターの子どもたちはここが1番のお気に入りでしたよ。

 

*ひっつきむし採り
木々の穴にはたくさんの「ひっつきむし」! 何匹採れるかな?

 

*触って遊べるおもちゃ
アナログゲームやままごとなどいろいろ遊べます。大人も夢中になれる遊びがたくさん!

 

キッチンカフェ「kino」
羽釜炊きのごはんや地元野菜を使ったメニューを味わうことができ、キッズメニューも豊富。
子ども用のイスやベビーチェアなども完備しています。

 

ハイハイひろば
2歳以下の赤ちゃん専用のお部屋。床は秋田杉が敷かれ、柔らかく温かみのある風合いです。
取材時は秋田市から2組の親子が訪れていました。「ゆっくり遊ばせることができて嬉しい」と、リピートの来館だそう。

 

礼法室
飲食も可能な休憩スペース。広い座敷は、赤ちゃん連れの家族にも◎。
(ごみはお持ち帰りです)

 

トイレ
学校のトイレ…と案ずることなかれ!
とってもキレイに改装しています。
オムツ替えスペース、補助便座など嬉しい配慮が随所に。

 

授乳室
授乳スペースは2箇所に配置。
こちらにもオムツ替えスペースもありますよ。

 

ミュージアムショップ ナナカマド
国産木材を使用した日本製のおもちゃなどを販売。贈り物にも◎。

 

あゆの森公園
晴れた日は裏山でも思いっきり遊べます。(4月〜11月)
カフェkinoでテイクアウトメニューを購入してピクニックを楽しむのもよいですね。

 

〈モニター家族の感想〉
おもちゃの種類の多さにビックリしました。1日中遊ぶことができますね!
子どもも大人もそれぞれの好みに合った遊べるものがあって楽しかったです。
旧校舎は大人にとっては懐かしく、子どもたちにとっては新鮮でした。
また行きたいです♪

 

DATA
鳥海山木のおもちゃ美術館
住所/由利本荘市町村字鳴瀬台65-1(旧鮎川小学校)
TEL/0184-74-9070
営業時間/9:00~16:00(最終入館15:30)※12月~2月は10:00開館
休館日/木曜日(休日の場合は翌日)、年末年始
入館料/大人800円、子ども600円
※由利本荘市在住者は割引あり
※上ばきをご持参ください。
※写真はイメージです。マスク着用など感染防止策を実施しています。
鳥海山 木のおもちゃ美術館|秋田県由利本荘市 旧鮎川小学校
秋田県由利本荘市の廃校「旧鮎川小学校」が多世代交流、木育体験の学び舎「鳥海山木のおもちゃ美術館」として蘇ります。

 

フリーペーパーママファミ2022年3-4月号掲載記事

 

※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る