2021年4月より始まった”省エネ説明義務制度”はご存知ですか?

ライフスタイル


近年の地球温暖化や異常気象などへの対策として住宅にも環境に配慮した省エネルギー化が求められています。
今回は、2021年4月よりスタートした”改正建築物省エネ法の説明義務制度”について、秋田市八橋の株式会社アメージングプロダクツの野村社長にお話しをうかがいました。

省エネ説明義務制度とは?

国土交通省より建築物省エネ法が改正され、2021年4月より、建物の省エネ性能について建築士から施主様への説明が義務化される制度です。
この制度は、建築士からの説明を通じて省エネ性能に対する理解を促し、自らが居住することとなる住まいの省エネ性能を高めようとする気持ちを持ってもらおう、というねらいがあります。

省エネ住宅とは?

○高断熱・高気密
○高効率な設備(エネルギー使用量が低く光熱費がかからない)
○創エネ(太陽光発電などでエネルギーを作り出す)
などの一定の基準をクリアした住宅で、ランニングコスト(光熱費・修繕費)が低く環境に良い住まいになります。

あくまでも義務?

注意してもらいたいのは、省エネ性能の説明義務は後に誰かがチェックするわけではないので、説明しなかったからといって罰則があるわけでもなく、省エネ基準をクリアしていないからといってその住宅に問題があるということでは決してありません。
例え説明なく契約になりそうだった場合、自らがこの制度を利用して自分の住まいがどの程度の基準になるのか、キチンと説明を受けて納得してから契約することをおすすめします。

もっと詳しく知りたい方は国土交通省のHPでご確認ください。

株式会社Amazing products(アメージングプロダクツ)
住所/秋田市八橋三和町5-8
電話/018-853-6777
営業/9:00~18:00
秋田市 怪獣の家、驚きと共に・・Amazing products | 怪獣の家 Amazing products
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る