卒乳も、料理のお手伝いも☆ チャレンジの春

〜コラム☆藤田ゆうみんのママつぶ

vol.36

卒乳も、料理のお手伝いも☆チャレンジの春

ちびライダー?

2歳を過ぎても、夜だけおっぱい星人だったドラゴンくん。試しにおっぱいに絆創膏を貼ってみると…あっけなく卒乳してくれました!「もうすぐ上のクラスに行くから、おっぱいバイバイしようね」と言い聞かせていたのが、よかったのかもしれません。2年4ヶ月がんばった自分に乾杯☆

サンダーちゃんは、小学校入学に向けて早起き訓練を始めました。実は、ママの方が訓練されているのかもしれません(笑)。最近ハマっているのは、料理のお手伝い。玉ねぎの皮をむいたり、卵を割って混ぜたり。小学生になったら包丁にもチャレンジしたいと、はりきっています。

昨年末、能代市中央公民館の子ども向け料理教室で、講師を務めました。食育クイズも交えながら、超時短!炊き込みご飯を作りました。乾燥野菜や缶詰などの保存食を使えば、包丁なしでも簡単に作ることができますよ。手もほとんど汚れないので、オススメです!

時短料理を実践してみると、「これなら子どもでもパパでもできるよな〜」というメニューはたくさんあります。4月から、食育と時短料理のキホンをお伝えするオンライン講座も開催しますので、気になった方はインスタグラムなどをのぞいてみてくださいね。へば、ナイスディ♪

 

 

藤田 ゆうみん
能代市二ツ井町出身のラジオDJ/歌手/
時短家事コーディネーター®Expert/食育メニュープランナー®/食学ミネラルアドバイザー。2014年に長女(通称サンダーちゃん)を、2018年に長男(通称ドラゴンくん)を出産。ズボラでもできる時短料理術や、汚れを溜めない掃除術を発信中!
インスタグラム→ @yumin_akita
LINE公式アカウント→ @935eayhb

※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る