子どもの『足と靴選び』について聞いて…

特集

子どもの『足と靴選び』について聞いてみよう!

どんどん大きくなる子どもの足。靴選びのポイントについてお答えくださるのは
秋田泉巻爪矯正・フットケアセンター
村井 円香先生と坂井梨絵先生

子どもの靴の買い替え時が分かりません。靴選びのポイントを教えてください。

まずは、お子さんの足のサイズ、靴幅と足幅が合っているかどうかを把握しましょう。サイズは自宅で測るか、もしくは店舗で測ってくれるお店もあります。中敷が外れる場合は、外して実際に足を乗せてみると確認しやすいです。その際に見るポイントは

1、つま先に1㎝の余裕があるか
2、横幅が中敷からはみ出していないか
3、横幅が余りすぎていないか の3点です。

広すぎても足が安定しませんし、狭いと足指が抑えられて足のトラブルに繋がりやすくなります。買い替え時のタイミングはつま先の余裕が0.5㎝をきった時、靴底が極端にすり減っていたり、左右でバランスが崩れている場合は買い替え時です。

子どもの扁平足は自然と治りますか?

扁平足は《立った時に、本来浮いているはずの土踏まずがついている状態》です。これには様々な要因が考えられますが、自然に改善されるものではありません。土踏まずは3、4歳くらいから形が見え始めます。幼児期に裸足の時間を増やしてあげたり、足の指を使って足の裏の筋肉を鍛えることが、土踏まずの形成に大事な要因と言われています。家の中でつま先立ちをしたり、新聞紙で作った小さなボールを足の指でつかませたり、年長さんになったら足指じゃんけんをしたり、楽しく工夫して足の裏の筋肉を鍛えましょう。

「大きめの靴を履いていると足も大きくなる」と言うのは本当ですか?

それはありません。大きめの靴を履いているお子さん、多いですよね。「すぐ成長するから少し大きめの靴を」「サイズが分からないので、とりあえず大きめの靴を」と考える親の心情からでしょうが、これが原因で足のトラブルが増えているのも事実です。足は《身体の土台》。子どもたちがいつまでも自分の足で好きな事ができるようサポートするのは、親の私たちにしかできないことです。 《靴に足を合わせる》のではなく《足に靴を合わせる》習慣をつけていきましょう。

秋田泉巻爪矯正・フットケアセンター
秋田市泉北2-10-5
TEL:018-802-0206

秋田旭南トータルケアセンター
秋田市旭南3-2-60
TEL:018-853-6627

※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る