時短家事をきっかけに 親も子も成長できるかな

コラム☆藤田ゆうみんのママつぶ

vol.35

時短家事をきっかけに 親も子も成長できるかな

ママファミ秋号表紙のオフショット♡

ドラゴンくんは、ついにイヤイヤ期の旬を迎えてしまいました。保育園の玄関で、床ゴローンをキメる日も
(苦笑)。なまはげ効果を期待して、男鹿真山伝承館に連れて行ったのですが…本物のなまはげさんを前に、泣きながらも「バイバーイ」と手を振っていました(汗)。

サンダーちゃんは、ランドセルが届いてご満悦。乳歯もグラグラしてきました。幼稚園生活も、あと少し。毎朝、自分で登園準備をしている娘を見て、これなら小学生になっても大丈夫かな、と思えるようになってきました。

実は、私が時短家事を学んで手放した家事の一つに「娘の登園準備」があります。水筒やハンカチ、おしぼりなどを自分で準備できるよう、環境を整えました。あとは、ひたすら我慢。やってあげた方が早いのですが、ぐっと堪えて見守ってきました。すると、すっかり習慣化したのです。忘れ物をした時も、以前は私のせいにされていたのですが、今では「◯○入れるの忘れちゃった、次は気をつけるね」などと、人のせいにしなくなりました。

どうやら、私の方が勝手に「まだできない」と思い込んでいただけのようです。思い切って子どもに任せてみると、お互いに成長できるかもしれませんよ!

へば、ナイスディ♪

 

 

藤田 ゆうみん
能代市二ツ井町出身のラジオDJ/歌手。
2014年に長女(通称サンダーちゃん)を、2018年に長男(通称ドラゴンくん)を出産。
食育メニュープランナー®に加え、秋田初の時短家事コーディネーター®expertを取得。ズボラでもできる時短料理術や、汚れを溜めない掃除術を発信中!
HP https://yumin-akita.com
Instagram→ @yumin_akita

※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る