運動神経は関係ないよ! 〈ゴルフ〉という習い事

ママファミおすすめ☆ Web版 教室navi

運動神経は関係ないよ!
〈ゴルフ〉という習い事
—アキスポJr.ゴルフスクール—

サッカー教室でおなじみのアキスポが今春Jr.ゴルフスクールを開講。理事長の加藤光平さんにスクールの様子や今後の展望について聞いてみました。

Q1. サッカーの次にゴルフ教室を開講されたのは、どうしてですか ?

A. アキスポで開室している学童教室で希望者にゴルフ体験教室を行ったところ、毎回定員を超えるほどの好反響があったのです。日頃から秋田の子どもたちにいろいろなスポーツを体験させたいと思っていたので、2競技目としてゴルフを採用しました。

Q2. どのように教えてくれるのですか ?

A. クラブの持ち方や足の広げ方など基本的な事から始め、ステップアップできる仕組みになっています。ただ打つだけではなく、例えばネットめがけてゴルフボールを投げ、投げる動作の中で腕を回す→肩を回す→クラブを振ってみよう、と楽しみながらスィングを学びます。その後ボールを打つと、ちゃんと当たるんですよ。時には空振りもありますが…(苦笑)。当たってボールが飛ぶと面白いので、子どもたちも大喜びしながら練習しています。置いてあるボールを打つだけなのでシンプルで安心♪ ゴルフは実は分かりやすいスポーツなんですよ。

アキスポJr.ゴルフスクール
・小学1〜6年生まで入会可能。
・ 秋田ゴルフガーデン(秋田市桜ガ丘)にて
・ 毎週火曜17:00~18:30
・ 定員15名
・ 月会費6,000円、入会金10,000円

Q3. とは言え、用具が必要ですよね ?

A. ゴルフは用具を揃えるのが大変というイメージがありますが、心配ありません。入会特典として、スクール専用のポロシャツ・キャップ・グローブをプレゼント。クラブはその子にあったサイズの物を貸し出しますし、ボールは練習場の球を使用しますので安心してください。

Q4. 運動が苦手なのですが、できるでしょうか?

A. ゴルフの上達に運動神経の良し悪しは関係ないのです。走るのが苦手だったり、運動が好きじゃなくても大丈夫 ! むしろ他競技で培った偏った動作が邪魔になったりします。止まっているボールを打ち、遠くまで飛ぶと大喜び。他競技のような対人とのコンタクトや競り合いが無く、他者との比較ではなく自分自身と向き合う。運動が苦手な子ほど是非お勧めです。

Q5. マナーが大切な競技でもありますよね?

A. どんな競技でもそうですが、規則やマナーは基本です。当スクールでは、まずはあいさつ、用具の扱い方、周囲への配慮などを細かく指導しています。ボールは毎回丁寧にプレースするなど、大人になっても役立つことがたくさんありますね。

Q6. ゴルフならではの良さって何でしょう?

A. 「自分のペースでできる」ということでしょうか。長いクラブ(ドライバー)でパチンとボールが飛んで気持ち良いときもあれば、空振りすることもある。なかなかボールに当たらなくてもフォームがきれいで、後々上達する子もいるなど、個人差はあります。空振りしてもまた振ればいい。ゴルフは自分と向き合いつつゆっくり楽しめるスポーツだと思います。これはサッカーには無い世界ですね(笑)。

Q7. スクール生の反応はいかがですか?

A. ボールが当たって飛ぶ喜び感じながら、みんな戸惑いなくゴルフを楽しんでいるようです。例えば「何ヤード飛んだ!」と競い合って自信をつけたり、パター練習用コースを自分で作って難易度を変えてみたり、各自それぞれなので、見ていてこちらも楽しいです。

Q8. これからの展望を教えてください。

A. 秋田は他県に比べてスポーツを始める年齢が遅いと言われていて、スポ少に入るとその競技ばかりになってしまう傾向もあります。なので、私は低学年の頃から色々なスポーツに触れる機会をつくってあげたいと考えています。ゴルフも大人用の練習場は多数ありますので、その数だけ各地にジュニアスクールを展開できたらと願っています。ゴルフ人口の裾野を広げる普及活動のつもりですから、この機会に興味を持つ子どもが増えてくれたら嬉しいですね。ご興味持たれた方は、一度体験レッスンにいらしてみてください。

 

★ アキスポJr.ゴルフスクール 6月無料体験レッスン開催★

・ 日時 6月中の毎週火曜17:00~18:30
・ 回数 2回まで
・ 料金 無料
・ 会場 秋田ゴルフガーデン(秋田市桜ガ丘)
・ 持ち物 なし (練習用具は貸し出し有り)
・ 服装 自由 (ズック着用)
・ 定員 15名
・ 対象 小学1〜6年生
・ 申込先  u13kk_brkosp@yahoo.co.jp
1. 参加希望日 2.子どもの氏名 3.学校・学年 4.緊急時連絡先電話番号
を記入してメールで申し込む。

☆コロナウイルス感染予防対策☆
・会場は野外なので換気は充分にされています。
・打席ごとの単独プレーなので、密にはなりません。
・向かい合うことなく、同じ方向を向いて練習します。
・マスク着用の上、練習ができます。
・指導者・生徒共に手洗い、用具の除菌に努めています。

 

※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る