レイワ怪談 新月の章           

〜今号のイチオシ本

学研の編集者セレクト★今号のイチオシ本 第11回

子どもが大好きな「怖い話」はこれ!Amazon「こどものホラー・怖い話」部門で1位(※)に輝いた、最恐の怪談を紹介します。※2019/8/5〜6調べ

レイワ怪談 新月の章

児童書なのに、しっかり怖い!

子どもって怖い話が大好きですよね?子どもの心は、喜劇(楽しい話)や悲劇
(悲しい話)ばかりでなく、怪談(恐ろ
しい話)も欲しています。幽霊のような目に見えない存在を感じて想像力を育み、恐怖に向き合うことで道徳心や共感力を高めます。だからこそ、子どもを怖がらせるには本気が必要!
というわけで(笑)、本書『レイワ怪談』はガチ。本格派の怪談です。原作は数々の大会で優勝し「第二の稲川淳二」とも呼ばれる怪談家、ありがとう・ぁみさん。その語りを、児童書の学研が短編小説集に仕上げました。どんな話かいくつか例を、いやいや、霊を挙げると
●ライブ配信中のアイドル。その背後に何かが映った!
●交通事故現場をスマホで撮影したら、映ってはいけないものが…
などなど、幽霊がいっぱいです。なにせ
「霊話(レイワ)怪談」ですから。

DATA
レイワ怪談 新月の章
●小4〜  ●原作 ありがとう・ぁみ
●定価(税別) 1,000円
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る