ランディーと きいろのトラック

〜今号のイチオシ本

学研の編集者セレクト★今号のイチオシ本 第24回

あたたかい気持ちになり、誰かのために働くことの大切さと喜びを感じることができる絵本!

ランディーは白クマのトラック運転手。今日、ランディーのトラックに積まれているのは、真っ赤に熟した蜜がたっぷりのリンゴ。そのリンゴを届けられたお菓子屋さんは、うれしそうに甘いアップルパイを作り、それを食べたお客様はパイのおいしさに笑顔になる…。そう、ランディーが運んでいるのは、町のみんなの笑顔なのです。
ある日、配達を終えたランディーのトラックの荷台に、覚えのない荷物がひとつ残っていました。ランディーがおそるおそるその荷物を町はずれの洋館に届けると、ランディーの身に小さな幸せが訪れます。
親子で安心して読めて、子どもにもストレートにメッセージが伝わり、あたたかい気持ちになる。それが「ランディー絵本」の特徴。
作者は、JR北海道のIC乗車券「キタカ」のキャラクターなどを手がける、北海道在住の人気作家・そら氏。
誰かのために働くことの喜びと大切さを知ることができる、コロナ禍の今だからこそ多くの子どもたちに読んでほしい絵本です。

 

 

DATA
ランディーときいろのトラック
●作・絵 そら
●定価(税込)1,540円
●対象:未就学児
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
※情報は掲載時のものです。詳細はご確認ください。
\この記事をシェアする/
WEB版 ママファミ
トップへ戻る