探訪!vol.12 独自カリキュラムで英語教育…

探訪!vol.12 独自カリキュラムで英語教育に力を入れる御所野学院中学校

開校20周年を迎えた御所野学院中学校。国際教養大学(AIU)と連携、相互交流などの独自カリキュラムを設けている英語教育についてお聞きしました。

Q1 AIUと連携協定を結んでいる目的と意義について教えてください

本連携協定は、主に英語と異文化理解に関する教育において国際教養大学と御所野学院中学校・高等学校が連携協力し、双方の学生および生徒の資質向上を図り、双方の教育の発展・充実に寄与することを目的とし、5年前から実施されています。 この協定により、秋田市立中学校としては、御所野学院中学校のみとなる独自カリキュラムを設けており、具体的には国際教養大学教員および学生による交流授業「Goshono Project」を年間10回程度、国際教養大学を会場として実施される英語宿泊研修「English Village」を夏季休業中にそれぞれ実施し、生徒の英語学習に対する意欲の喚起、英語によるコミュニケーションスキルの向上等に成果を上げています。

Q2 AIU学生との交流授業はどんな内容ですか?

実施時期や学年によって授業内容は異なりますが、AIUの学生がペアになって中学生5~6人程度のグループに入り込み、英語によるコミュニケーション活動を一緒に行いながら学習を進めていきます。  今年度の前半は、各学年で次のような学習を行いました。  ●1年生…英語の絵本を用いたブックリーディング  ●2年生…過去形を用いた「ある人の昨日の行動」英作文の発表会  ●3年生…世界中のゲームに挑戦(もちろんルール説明は英語です)  撮影日には、英語教育を専攻している10人(内2人は御所野学院中の卒業生)のAIU学生と引率のカルロス先生が、1年生に英語の絵本を読み聞かせしていました。

交流授業を経験してみて

1年 近藤里映さん
年齢も近いお兄さん・お姉さんたちと一緒で楽しく勉強できました。

1年 飯島悠太さん
カルロス先生の読み聞かせが ジェスチャーたっぷりで面白かったです。単語の暗記が苦手だけど、これなら楽しく英語を勉強できると思います。

Q3 English Village(イングリッシュ・ビレッジ)参加の目的と意義を教えてください

「English Village」の目的は、国際教養大学の留学生や学生との英語によるコミュニケーションをとおして、英語で考え、表現する力を身に付けることです。英語を学びながら、英語で学ぶことができるようにするための2泊3日の宿泊研修となっています。研修のほか、食事やレクレーションも中学生から大学生まで縦割りの班ごとに活動、生きた英語に常時触れることのできる3日間となっています。

Q4 English Village 3日間の内容を教えてください

1日目
活動1「ウォームアップしよう」
活動2「英語で説明してみよう」
キャンパスツアー
活動3「英語で言ってみよう」
講義1「70分で発音記号をマスター」
活動4「ヘルスバレーボール」
2日目
活動5「Quick Lookを使いこなそう」
活動6「一言添えて広がる英会話」
活動7「留学生にインタビューしよう」
活動8「プレゼンはこうやろう」
活動9「キーワードでスムーズなプレゼンテーション」
活動10「プレゼンテーション準備」
3日目
活動11「プレゼンテーション準備」
活動12「プレゼンテーション」(発表会)

English Villageに参加してみて

3年 渡 部 六 花さん(2回目の参加)
昨年は短文でしか英語の文章が言えなかったけど、今年は1つの課題で4~5文ほど多く英語表現ができるようになりました。高校生や大学生と一緒にプレーしたレクレーションのバレーも楽しかったです。3年 三 浦 英 登さん(3回目の参加)
最終日のプレゼンはドキドキだけど、AIUの学生さんたちが緊張をほぐしてくれ、グルー プで1つの発表を作り上げる達成感を感じられます。新しい言葉や表現を覚えるのが学校の授業であれば、ここの活動は自分の知っている英語をできる範囲内で表現する時間、そこが楽しく充実しています。

 

 

 

秋田市立御所野学院中学校
秋田市御所野地蔵田4-1-1 TEL 018-889-8330
トップへ戻る